本当の教育は学校の先生ではなく親の愛情

子供の教育とは学校で教える授業だけではありません。
確かに学校では、小学校、中学校の義務教育では様々なことを学びます。
机の上で学ぶ国語や算数、歴史などはもちろんですが、外に出てたくさんの友達と体を動かすことで学ぶことも多いです。
しかし教育とは学校で学ぶことが全てじゃありません。
子供が最初に信頼信用、そして愛着を持つ相手は言うまでもなく生まれた時から過ごしてきた両親です。
そしてその両親の行動や日々の言動を幼い頃から見てきているのです。
何もしらないことだらけの世界に生まれてきて、初めて学ぶ言葉もまた家族の言葉でしょう。
子供は1番信頼のおける相手だからこそいいことも悪いことも言葉を真似て行動を真似るのです。
だからこそ学校の先生たちに教えて貰えばいいと考える親の安易な考えはすてるべきなのです。
まず、人生の壁にぶつかった子供にかけてあげる言葉は家族です。
その言葉の重みは計り知れないです。
子供の気持ちを汲み取った上でどうやったら前に進んでいけるのかを一緒に考え、導いてあげることが本当の教育なのです。

教育機関の選び方を知っておきましょう

親として子供に良質な教育を与えたいと望むのは、当然の希望です。
単純に勉強ができる子になってほしいという以上に、人格形成や芸術的センス、物事に積極的になれるようなモチベーションの高さなどを身につけて、将来に生かしてほしいと望まれる親御さんは多いでしょう。
それは必ずしも教育機関で与えられるものではないかもしれませんが、一日のうちの大半を過ごすことになる学校という機関の教育的影響は測り知れません。
できる限り良質なところに通わせることを考えるべきしょう。
小学校から、公立と私立の違い、またその教えている内容、カリキュラムは違います。
親御さんは、まずは情報収集をしなければなりません。
単純に偏差値が高いという理由で学校を選ぶことは得策ではありません。
実際にその学校に通っている生徒の表情を見てみるのもよいでしょう。
その学校の付近を歩いている生徒の顔つき、笑い声などをよく観察してみるのも有効かもしれません。